to_top

会社方針


会社方針


株式会社おおたコミュニティ放送(エフエム太郎)は、太田・大泉地域の放送局として、放送エリアの特性に留意し、かつ、太田大泉地区にお住まいの方やリスナーの皆様のニーズを常に把握して、平時から質の高い放送の提供を心がけます。

さらに、日常生活に大きな影響を及ぼす重大災害発生等の非常時においては、放送を通じて地域にお住まいの方やリスナーの皆様が必要とする情報を適時、かつ、正確に伝達することにより、地域社会から信頼される放送局を目指します。


社長あいさつ


ceo

私たちのお客様は、地域にお住まいの方と、すべてのリスナーの皆様であることの認識を常に持ち、顧客ニーズに合致した番組を提供するとともに、お客様から愛され、信頼される放送局を目指します。
このため、社員の能力開発に努め、想像力を発揮して放送内容の充実を目指すとともに、積極的に地域情報の収集に努めることにより、お客様のニーズの把握に努めます。

私たち”エフエム太郎”は、地域にお住まいの方やリスナーの皆様が参加する放送を志向し、聴取率の拡大を目指すとともに、少数精鋭主義の下、社員一人ひとりが常に放送局全体の運営に関心を持ち、日々変化する放送局の業務にフレキシブルに対応できる体制を目指します。
どうか、末長く”エフエム太郎”をご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

株式会社 おおたコミュニティ放送 
代表取締役社長  金子一男 


会社沿革

1998-05-21
株式会社おおたコミュニティ放送設立
1998-10-10
開局
2000-04-26
無線局出力変更認可(10W→20Wへ増力)
2000-10-07
エフエムもりぐち(エフエム花子)と姉妹局締結
2004-08-31
群馬エフエム局ネット、防災放送
2004-11-03
中越地震応援、エフエム雪国へDJを派遣
2005-07-01
新市発足に伴う災害協定の再締結
2005-09-01
特別番組「防災について」を市役所防災無線室から放送
2006-08-21
太田警察署と「犯罪情報提供に関する覚書」締結
2007-06-01
総務省関東総合通信局長表彰(コミュニティ放送初)
2007-09-06
特別番組「台風9号太田市付近通過」災害放送
2008-09-20
エフエム太郎「駅なか新社屋」へ移転
2008-10-10
エフエム太郎開局10周年、新スタジオから放送開始
2012-05-18
インターネット・サイマルラジオ開始(JCBA)